教育ローンの審査が難しいと感じている方へ・・・

大学の資金、子供達の学費・・・・何かを学ぶにはお金がかかります。

 

国や銀行、信金などが提供している教育ローンは審査が難しいですよね。しかも、なぜ審査に落ちたのか理由がはっきり分かりません。審査に落ちた場合、その記録が信用情報機関に残るため、立て続けに色々なローンに申し込んでしまうと「申込みブラック」に成りかねません。

 

そんな悪循環から逃れるためにも、異なる信用情報機関を利用している金融会社のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか?(※信用情報機関は3種類あり、金融会社によって共有している機関が異なります。)

 

カードローンはローンタイプの1つで、申し込むとカードが発行されます。そのカードを使って利用限度額内の金額であれば、いつでも好きなだけお金を融資してもらえるのです。返済も月々決まった額を返すことも出来ますし、任意で好きなタイミングで好きな金額を返済出来るので、使い勝手が良いと人気のキャッシングです。

 

最近では提携銀行ATMだけでなく、コンビニATMでも利用出来るので、更に利便性が高くて便利ですよ。


管理人お勧めのカードローンはコチラ

ここで紹介するカードローンは、いずれも信用情報機関が異なるカードローンです。 もし、審査に不安がある・・・少しでも早くお金を借りたい・・・。ということであれば、3社全てに申し込んでみるのも1つの手段です。信用情報機関が異なるので申し込みブラックになる心配はありません。
最短即日融資!低金利で安心の【銀行カードローン】
三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行カードローンの中でも特にお勧めです。低金利で融資限度額も高額ながら、審査スピードが圧倒的に早いので、直ぐにお金が必要な方でも安心して申込みが出来ます。
銀行カードローンなので総量規制の対象にならず、年収の3分の1という決まりもありませんし、収入の全く無い専業主婦の方でも旦那の同意書なく、ご自身の身分証明書だけで申し込むことが出来ます。カードもお近くのATMコーナーにあるテレビ窓口で手続きを完了するとその場で発行してもらえます!

実質年率 融資限度額 審査時間 信用情報機関
4.6-14.6% 10万円-500万円 最短即日 KSC、CIC、JICC

 

無利息期間有り【消費者金融】
プロミス
プロミス

プロミスはCMでも知名度があり大手銀行がバックについているので安心して利用できるキャッシングサービスです。初めてプロミスを利用する人でポイントサービスに登録すると30日間無利息期間が利用できるので、金利に不安がある方、出来るだけお得に融資を受けたい方にお勧めです。
インターネット上には直ぐに借入れ出来るか分かる自動審査機能もあるので、審査に不安な方は試しに行ってみると良いでしょう。

実質年率 融資限度額 審査時間 信用情報機関
4.5-17.8% 1万円-500万円 最短即日 CIC、JICC

 

高額融資・低金利で選ぶなら【みずほ銀行カードローン】
みずほ銀行カードローン

高額融資を希望されている方には「みずほ銀行カードローン」がお勧めです。最高融資額が1000万円で、しかもフリーローンなのでお好きな用途に利用できます。既に口座をお持ちの方であれば最短即日利用も可能なので、急いでいる方にもお勧めです。大手銀行なので安心感も違いますね。

実質年率 融資限度額 審査時間 信用情報機関
4.0-14.0% 10万円-1000万円 最短即日 KSC、CIC、JICC

教育ローンとは

教育

ローンには住宅ローンやマイカーローンなどいろいろなローンがありますが、教育関係経費に限定した教育ローンもあります。教育ローンは、銀行や信用金庫、信販会社、日本政策金融公庫などが行っています。使途は、学費だけに限定されていることもあれば、受験料、教科書、パソコン、電子辞書などの購入費、進学するためのアパート代や下宿の礼金・敷金・家賃などの費用も対象になっていることもあります。

 

大手銀行では東京三菱UFJ銀行、りそな銀行、みずほ銀行などの教育ローンが有名ですね。申し込み条件や金利がそれぞれ異なっていますので簡単にご紹介します。

 

東京三菱UFJ銀行の教育ローン
入学金・授業料・寄付金等、入学または進学の際に一度にまとめて必要となる資金に利用できます。医学部や歯学部など、6年制大学の学費にも利用できます。現在キャンペーン中で、4月30日までに申し込めば、金利は年3.225%です。最大借入額は500万円、最長借り入れ年数は10年、保証人は不要です。利用できるのは就学者の保護者で、年齢は申し込み時に20歳以上、完済時に満70歳までの方です。また、前年度の税込み収入が200万円以上で勤続年数が1年以上の方が申し込めます。

 

りそな銀行
りそな銀行でもキャンペーン中で、金利は年3.475%です。入学金、授業料はもとより、予備校の納付金、教科書代や制服代などの教育関連諸費用に利用できます。申し込めるのは、20以上66歳未満の方です。継続し安定した収入があれば、年収や勤続年数に関する制限はありません。融資額は10万円以上300万円以内です。契約期間は10年以内となっています。

 

みずほ銀行
みずほ銀行の教育ローンは、2013年5月31日までキャンペーンをしていて金利は年2.975%です。 学校に納入する学費以外にも、教育関連資金全般で利用が可能です。申し込めるのは20以上66歳未満、完済時の年齢が71歳未満の方です。また、勤続年数が2年、前年度の税込み収入が200万円以上という条件もあります。融資額は10万円以上300万円以内です。借り入れ期間は6ヶ月以上10年以内となっています。

 

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)
こちらは金利も低く使途の範囲も広いので、利用しやすくなっています。申し込めるのは、融資の対象となる学校に入学・在学する学生の保護者です。世帯の年間収入にも条件があり、たとえば、扶養している子供が1人の場合は年収が790万円以下(給与所得者の場合)、2人なら890万円以下(給与所得者の場合)などとなっています。

 

使途は学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)住居にかかる費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料などです。

 

今後1年間に必要となる費用が融資の対象で、返済期間は15年以内、金利は年2.45%、母子家庭の方は年2.05%となっています。

 

教育ローンの取り扱いは、日本政策金融公庫 国民生活事業の各支店(全国152店舗)で行っています。また、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などの金融機関でも扱っていますので必要な方は相談して見てください。インターネットでの申し込みもできます。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る