教育ローンを、即日(当日)中に借りたい方

教育ローンには主に4つの種類があります。

  • 日本学生支援機構の奨学金
  • 国の教育ローン(日本政策金融公庫の教育一般貸付)
  • 民間の教育ローン
  • 民間のカードローン

 

日本学生支援機構の奨学金は通常、大学や専門学校の入学後に申し込み、様々な書類を集めたり、連帯保証人を見つけたりする必要があり、

 

仮に審査に通ったとしても
実際の振込みは始まるのは入学から半年後、という流れになります。

 

 

また、国や民間がやっている教育ローンも、
その使用目的がはっきりしているローンというのは、

 

審査も厳しく、保証人や連帯保証人が必要で
振込みまでの期間が非常に長期に渡るものがほとんどです。
(日本政策金融公庫の教育一般貸付では融資までの期間が最短2週間など・・・)

 

そこで。。。

 

最近では一時的な『つなぎ』として、民間のカードローンを利用する人が増えています。

 

民間のカードローンて何?

『カードローン』って何かというと、

銀行が発行している使用用途自由なフリーローンのことです。

 

一番有名なところで言うと、
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)などが有名で、

 

このような銀行系カードローンでは、
保証人や連帯保証人、それに担保も不要で借入ができます。

 

 

さらに申し込み30分以内に審査が完了し、当日中に実際にお金が振り込まれるというように、スピーディーな対応でも最近は大きな人気を呼んでいます。

 

また、融資額も最大500万円〜1000万円までなど、大口の額でも対応してくれます。

 

4つの教育ローンを「審査の厳しさ」と「融資スピード」で比べてみると・・・

国の教育ローンは審査が不安※低金利で即日融資可能なローン特集

 

例えばですが、一時的にお金に困っている時にカードローンで借りておいて、
審査や振込みまでに時間のかかる教育ローンが振り込まれた後に、

 

その資金を使ってカードローンの返済を終わらせる、
というようにすれば、

 

資金繰りが非常にスムーズに行き、資金の不安で大学や
専門学校に行けないという方が激減しているという現状があります。

 

奨学金もカードローンも、同じ借金であることには何ら変わりはありません。

 

でも、それらをうまく『利用』すること
自分の将来の可能性を無限大に広げることが出来るのです!

 

将来のためにお金を使う大切さ

私は現在、自営業をしていますが、この世の中で最も投資効果の高い投資は

間違いなく、『自分の脳への投資』だと考えています。

 

学生の時は奨学金やカードローンを限度額一杯まで借りて大学に通っていました。
でも、現在ではその額を余裕で超えるリターンを得ていると断言できます。

 

なので、教育のための借金は、絶対的善であると断言できます。

 

ただ、全てのカードローンが良いかと言うとそうでもなく、
当サイトでは銀行系カードローンの中でも、特にお勧めのものを厳選して紹介したいと思います。

 

以下にお勧めのカードローンをあげておきますね。


管理人お勧めのカードローンはコチラ

最短即日融資!低金利で安心の【銀行カードローン】
三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行カードローンの中でも特にお勧めです。低金利で融資限度額も高額ながら、審査スピードが圧倒的に早いので、直ぐにお金が必要な方でも安心して申込みが出来ます。
銀行カードローンなので総量規制の対象にならず、年収の3分の1という決まりもありませんし、収入の全く無い専業主婦の方でも旦那の同意書なく、ご自身の身分証明書だけで申し込むことが出来ます。カードもお近くのATMコーナーにあるテレビ窓口で手続きを完了するとその場で発行してもらえます!

詳細ページはコチラ 公式ホームページはコチラ

実質年率 融資限度額 審査時間 信用情報機関
4.6-14.6% 10万円-500万円 最短即日 KSC、CIC、JICC
高額融資・低金利【銀行カードローン】
みずほ銀行カードローン

高額融資を希望されている方には「みずほ銀行カードローン」がお勧めです。最高融資額が1000万円で、しかもフリーローンなのでお好きな用途に利用できます。既に口座をお持ちの方であれば最短即日利用も可能なので、急いでいる方にもお勧めです。大手銀行なので安心感も違いますね。

詳細ページはコチラ 公式ホームページはコチラ

実質年率 融資限度額 審査時間 信用情報機関
4.0-14.0% 10万円-1000万円 最短即日 KSC、CIC、JICC
無利息期間有りの大人気【消費者金融】
プロミス
プロミス

プロミスはCMでも知名度があり大手銀行がバックについているので安心して利用できるキャッシングサービスです。初めてプロミスを利用する人でポイントサービスに登録すると30日間無利息期間が利用できるので、金利に不安がある方、出来るだけお得に融資を受けたい方にお勧めです。
インターネット上には直ぐに借入れ出来るか分かる自動審査機能もあるので、審査に不安な方は試しに行ってみると良いでしょう。

詳細ページはコチラ 公式ホームページはコチラ

実質年率 融資限度額 審査時間 信用情報機関
4.5-17.8% 1万円-500万円 最短即日 CIC、JICC

教育ローンとは

教育

ローンには住宅ローンやマイカーローンなどいろいろなローンがありますが、教育関係経費に限定した教育ローンもあります。教育ローンは、銀行や信用金庫、信販会社、日本政策金融公庫などが行っています。使途は、学費だけに限定されていることもあれば、受験料、教科書、パソコン、電子辞書などの購入費、進学するためのアパート代や下宿の礼金・敷金・家賃などの費用も対象になっていることもあります。

 

大手銀行では東京三菱UFJ銀行、りそな銀行、みずほ銀行などの教育ローンが有名ですね。申し込み条件や金利がそれぞれ異なっていますので簡単にご紹介します。

 

東京三菱UFJ銀行の教育ローン
入学金・授業料・寄付金等、入学または進学の際に一度にまとめて必要となる資金に利用できます。医学部や歯学部など、6年制大学の学費にも利用できます。現在キャンペーン中で、4月30日までに申し込めば、金利は年3.225%です。最大借入額は500万円、最長借り入れ年数は10年、保証人は不要です。利用できるのは就学者の保護者で、年齢は申し込み時に20歳以上、完済時に満70歳までの方です。また、前年度の税込み収入が200万円以上で勤続年数が1年以上の方が申し込めます。

 

りそな銀行
りそな銀行でもキャンペーン中で、金利は年3.475%です。入学金、授業料はもとより、予備校の納付金、教科書代や制服代などの教育関連諸費用に利用できます。申し込めるのは、20以上66歳未満の方です。継続し安定した収入があれば、年収や勤続年数に関する制限はありません。融資額は10万円以上300万円以内です。契約期間は10年以内となっています。

 

みずほ銀行
みずほ銀行の教育ローンは、2013年5月31日までキャンペーンをしていて金利は年2.975%です。 学校に納入する学費以外にも、教育関連資金全般で利用が可能です。申し込めるのは20以上66歳未満、完済時の年齢が71歳未満の方です。また、勤続年数が2年、前年度の税込み収入が200万円以上という条件もあります。融資額は10万円以上300万円以内です。借り入れ期間は6ヶ月以上10年以内となっています。

 

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)
こちらは金利も低く使途の範囲も広いので、利用しやすくなっています。申し込めるのは、融資の対象となる学校に入学・在学する学生の保護者です。世帯の年間収入にも条件があり、たとえば、扶養している子供が1人の場合は年収が790万円以下(給与所得者の場合)、2人なら890万円以下(給与所得者の場合)などとなっています。

 

使途は学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)住居にかかる費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料などです。

 

今後1年間に必要となる費用が融資の対象で、返済期間は15年以内、金利は年2.45%、母子家庭の方は年2.05%となっています。

 

教育ローンの取り扱いは、日本政策金融公庫 国民生活事業の各支店(全国152店舗)で行っています。また、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などの金融機関でも扱っていますので必要な方は相談して見てください。インターネットでの申し込みもできます。

 

更新履歴